補助金・支援施策

836

企業全般補助金

令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」(一般型、2次締切)

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

対象者
日本国内に本社及び補助事業の実施場所を有する中小企業者および特定非営利活動法人。
ただし、申請締切日前10か月以内に同一事業(令和元年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業)の交付決定を受けた事業者を除きます。
※中小企業者および特定非営利活動法人の要件は、詳細に設定されております。
 詳しくは、令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」公募要領
 (一般型、2次締切分)をご覧ください。
 詳細:http://portal.monodukuri-hojo.jp/common/bunsho/reiwakoubo_0331.pdf
対象事業
【事業概要】
ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり
相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応
するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善
を行うための設備投資等を支援するものです

  補助上限   1,000万円
  補助率    中小企業 1/2、 小規模企業者・小規模事業者 2/3
  補助要件   以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
          ・付加価値額 +3%以上/年
          ・給与支給総額 +1.5%以上/年
          ・事業場内最低賃金>地域別最低賃金+30円

◆活用例◆
・部品の調達が困難となり、自社で部品の内製化を図るために設備投資を行う。
・感染症の影響を受けている取引先から新たな部品供給要請を受けて、生産ラインを
 新設、増強する。
・中国の自社工場が操業停止し、国内に拠点を移転する。

◇主な変更点◇
・新型コロナウイルスの影響を受けて、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を
 行う事業者を加点措置や申請要件緩和等によって優先的に支援します。
・申請手続き簡素化のため、認定経営革新等支援機関の確認書添付を不要としました。
・初めて補助金申請される方でも採択されやすくなるよう、過去3年以内に類似の補助金
 (ものづくり・商業・サービス補助金)の交付決定を受けた事業者は、審査にて減点措置を講じます。
・中古設備や専門家活用にかかる補助対象経費を明確化しました。
・過去の申請実績を踏まえて、共同申請や設備投資を伴わない事業類型を廃止しました。


【公募期間】
  公募開始:令和2年3月31日(火)17時~
  申請受付:令和2年4月20日(月)17時~
  応募締切:令和2年5月20日(水)17時(2次締切)

 ○電子申請システムの改修作業に一定の時間を要するため、申請の受付は4月20日(月)に開始予定
  です。
  それまでの間、【参考様式1】を用いて申請内容のご準備を行っていただくと、受付開始後、円滑に
  お手続きいただけます。
  (ただし、本参考様式は、あくまで申請の準備にご活用いただくためのものであり、
   申請いただくには、3月26日以降、改めてシステムへの入力が必要となります。)
  ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願いします。

 ○4月末頃(予定)に1次締切分の採択発表を行います。1次締切で不採択だった方は、2次締切に
  再度ご応募いただくことが可能です。2次締切分の採択発表は、6月末目途を予定しています。
  2次締切後も申請受付を継続し、令和2年度内には、8月(3次)、11月(4次)、令和3年
  2月(5次)に締切を設け、それまでに申請のあった分を審査し、随時、採択発表を行います。
  (予定は変更する場合がございます。)
   ※十分な対策を行ってはおりますが、申請が集中した場合、申請手続きが滞る可能性がございます。
    特に締切り間際などは多くの申請があり、申請が集中することが予想されます。
    締切を過ぎた場合の申請は次回締切まで審査されませんので、お時間には十分な余裕を持って
    ご申請を完了していただきますようお願いいたします。

【申請方法】
 ○申請は、電子申請システムでのみ受け付けます。入力については、電子申請システム操作マニュアル
  (4月20日(月)に公開予定)に従って作業してください。
 ○本補助金の申請にはGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。アカウントの取得には
  2週間程度を要しますので、未取得の方は、お早めに利用登録を行ってください。同アカウントは、
  事業者情報の再入力の手間を省くため、採択後の手続きにおいても活用いただきます。


詳細:http://portal.monodukuri-hojo.jp/common/bunsho/reiwakoubo_0331.pdf
詳細:http://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html(ものづくり補助金総合サイト)
補助率
上記のとおり
補助上限額等
上記のとおり
採択予定件数
未定
申込期間
 公募開始:令和2年3月31日(火)17時~
 申請受付:令和2年4月20日(月)17時~
 応募締切:令和2年5月20日(水)17時(2次締切)
申込方法
 ○申請は、電子申請システムでのみ受け付けます。入力については、電子申請システム操作マニュアル
  (4月20日(月)に公開予定)に従って作業してください。
 ○本補助金の申請にはGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。アカウントの取得には
  2週間程度を要しますので、未取得の方は、お早めに利用登録を行ってください。同アカウントは、
  事業者情報の再入力の手間を省くため、採択後の手続きにおいても活用いただきます。
申込先・問合せ先

【お問合せ先】

<応募申請書類お問合せ先>

ものづくり補助金事務局サポートセンター

受付時間:10:00~17:00/月曜~金曜(祝日除く)

電話番号:050-8880-4053

※時間帯によってはサポートセンターのお電話が繋がりにくい場合があります。

お問い合わせの際は、事前に「公募要領」及び「よくあるご質問」をよくご覧のうえ、お問い合わせください。

 

○上記サポートセンターの職員が不適切な対応を行った場合や、申請支援者とのトラブルについて
通報いただく場合は、以下の窓口までご連絡ください。
(一般的な応募に関するお問い合わせは、上記サポートセンターをご活用ください。)

トラブル通報窓口(全国中小企業団体中央会)
受付時間:10:00~12:00/13:00~17:00(土日祝日を除く)
電話番号:03-3523-4906
メールアドレス:houkoku-mh@mail.chuokai.or.jp

<公募の詳細>
http://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html(ものづくり補助金総合サイト)