お知らせ

新型コロナウイルスに関するお知らせ

新型コロナウイルスによる肺炎は、中国において武漢市を含む湖北省を中心に患者が増えていますが、湖北省以外で亡くなっている方は、患者の0.5%にとどまっています。
各国でも700人を超える患者が確認されていますが、ほとんどの方が軽症です。
インフルエンザと同様の感染症予防対策を徹底することで、新型コロナウイルスの感染を予防できます。

 

<受診の仕方>  国内での感染拡大防止のため、受診の際には以下の点に御協力ください。
1 発熱や風邪症状があるとき

 ○発熱したときは、体温計で熱を測りましょう
 ○まずは、かかりつけ医に電話して風邪の症状等を伝えてください
 ○できる限り、マスクを着用して、受診してください
 ○風邪症状が見られるときは、無理をせず学校や会社を休み、外出を控えましょう

2 治療しているにも関わらず、下記に当てはまる方は、最寄りの保健所にご相談ください。
 新型コロナウイルス感染の疑いがあれば、診療体制の整った医療機関「帰国者・接触者外来」
 への受診をご案内します。

 ○風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
 ○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※流行地(湖北省や浙江省)に渡航歴がある場合や渡航歴のある人との濃厚接触があり、
 発熱と呼吸器症状がある場合も最寄りの保健所にご相談ください。
(濃厚接触とは同居や長時間の接触(車内、航空機内等を含む)であり、すれ違った程度は含みません。)

 

大分県健康づくり支援課HP

 

県民向けメッセージ0218修正